LOHASの魅力を体感できるWEBサイト 「&LOHAS」

ロハスフェスタの出展クリエーターに聞く

バリ島の伝統と日本のものづくり精神が融合した、
やさしい木の食器 -ubdy-

深みのある木目と、手彫りならではの微妙なゆがみが心地よいubdyの木の食器。木彫り職人が一つひとつ手彫りしたお皿やカップは手にやさしくなじんで、ぬくもりを伝えてくれる。




木材は、建材や家具に使われた端材のチークを使用。端材とはいえ、高級材として知られるチークは丈夫で強く、艶のある質感が独特の存在感を感じさせる。

2004年、印刷・デザイン業を営む渡木さんは、インドネシア出身の一人の青年と出会った。バリ島のウブドから日本に出稼ぎにきていた青年。優しく礼儀正しい彼と親しくなった渡木さんはある日、青年の生まれたウブドの村を訪れる。

-Profile- ubdy 渡木誠
2008年からウブドの人々との食器作りを始め、2010年にubdyをスタート。大阪では「ubdy常設ギャラリーift(イフト)」を運営するほか、ウブドでも店舗を展開。2015年には台湾で展示会を開催するなど、活動の幅を広げている。

そこは、木彫り職人の村。先祖代々から受け継がれてきた伝統技術で大きな彫り物を作り、ヨーロッパなどに向けて輸出をして生計を立てている。しかし、その暮らし向きは決して豊かなものではなかった。得られる対価が低すぎるのだ。

フェアとは言えないその現状を目の当たりにした渡木さんは、ウブドの木彫り技術を生かし、日本で売れる商品を作ることを思いつく。これが、ubdyの食器づくりの始まりだった。

しかし、最初からうまくいったわけではない。日本の食器は、ウブドの人たちには全く見慣れないもの。できあがった食器は、イメージと違っていたり、日本で通用するクオリティに仕上がっていなかったり。思っていることがなかなか伝わらない。

どうしたらいいかと考えて渡木さんがしたことは、彼らと一緒に遊ぶことだった。

「一緒に遊んで遊んで、彼らと仲良くなりました。相手に自分の思いを分かってもらうためには、まず相手の気持ちを分からないと」と渡木さん。コミュニケーションをとるうちにお互いの理解が深まり、作品の完成度が上がっていった。

表面はオリーブオイル仕上げ。樹脂などでコーティングしていないため、木の呼吸を邪魔せず、使い込むほどに味わい深く変化していく。
チーク材は耐水性や耐久性に優れた木。家具や建材によく使われるが、食器としても長く使うことができる。
ubdyの仲間たち。ウブドの人たちはみな気さくで、渡木さんと彼らはすぐに打ち解け合ったのだそう。
2年間の試作を経て商品に。試作中は何度もバリ島と日本を往復したという渡木さん。最初のうちは設計図では伝わらないので、粘土で模型を作って説明したという。
表面が乾燥してきたら、時々オリーブオイルを塗ってメンテナンス。艶が蘇って長持ちする。
2年間の試作を経て商品に。試作中は何度もバリ島と日本を往復したという渡木さん。最初のうちは設計図では伝わらないので、粘土で模型を作って説明したという。
焼きたてのパンを置くのに最適。パンの蒸気を木が吸ってくれて、ふわふわ、サクサクの生地をキープできる。